通信販売等に関する法律(訪問販売法)に基づく表示

販売業者 株式会社 構造システム
運営統括責任者 安田正弘
所在地 〒112-0014 東京都文京区関口2-3-3 目白坂STビル 6階
申し込み有効期限 1ヶ月
不良品・返品について 納品された製品が破損・汚損している場合あるいはお申込みと異なる場合は、 交換または返品をお受けします。
申込方法 専用サイト(https://kozostation.net/)
問合せ方法 電子メール・電話・FAX
販売数量 1点より
お支払方法
  • クレジットカード
  • 銀行振込

*お支払いは、すべて前払い

お支払期間 注文後1ヶ月以内
キャンセル
  • 注文後1ヶ月まで
  • 1ヶ月以内にお支払いが無い場合は、自動的にキャンセルとなります。
返品期限
  • アプリケーション・レンタルのライセンス商品は、返品することが出来ません。

利用規約

ご利用の前にインターネット経由で弊社アプリケーション・データベースを提供するASPサービス「kozostation」をご利用になる場合は、 以下の覚書をお読み頂き、承諾される場合には、「同意する」ボタンをクリックして下さい。 覚書に承諾いただけない場合は、ASPサービスによる弊社ソフトウエア・データベースのご利用はできませんのでご了承下さい。
本覚書は、株式会社構造システム(以下、「弊社」といいます)が、お客様(以下、「ユーザー」といいます)にソフトウエアを提供する、 ASPサービス「kozostation」(以下、「本サービス」といいます)の利用に関する事項を定めたものです。

第1条(利用するために)

本サービスの利用を希望するユーザーは、弊社が運営する本サービスのウェブサイト (以下、「本サイト」といいます)上でこの覚書に承諾(「同意する」ボタンをクリック)し、申込み画面に必要事項を記入し登録します。
この行為により申込者と弊社との間で本サービスの利用契約(以下、「利用契約」といいます)が成立し、利用が可能となります。
有償のサービス(価格表参照)を利用する場合は、ユーザーはその利用料を先払いして下さい。 弊社は、登録内容と利用料の入金を確認後、申込者に利用可能状態にあることをe-mailで連絡します。

弊社は、以下の何れかに該当する場合に本サービスの利用申込をお断りすることがあります。
  • 申込みの必要事項が記入されていないか、虚偽の事実が記入されている場合。
  • 弊社がユーザーの利用申込を適当でないと判断した場合。
  • その他、弊社の業務上、技術上の理由により、本サービスの提供ができない場合。

第2条(本サービスの利用環境および責任)

  • 本サービスは日本国内でのみ利用可能です。海外での利用及び海外からのアクセスに対しては保証いたしません。
  • 本サービスの提供時間は、24時間365日とします。 ただし、以下のいずれかに該当する場合、弊社は本サービスの一部または全部の提供を必要な期間停止することがあります。
  • 本サービスを提供する為のシステムの点検を必要とする場合。 この場合緊急時を除き、本サイト上に事前にその旨を掲載し連絡します。
  • 本サービスを提供する為のシステムに障害が発生した場合。
  • 第一種電気通信事業者が電気通信役務の提供を停止した場合。
  • その他、電力の供給が止まるなど本サービスの提供が不可能になった場合。
  • 本サービスを利用できる環境は本サイトに掲示しますのでご参照下さい。
  • ユーザーからの本サービスの利用に関わるお問い合わせ・各アプリケーションの機能や操作に関する問合せは全てe-mailで受け付けます。
  • 弊社は、前項(1)号から(4)号の事由に基づく本サービス提供の停止によって生じたユーザー及び第三者の損害につき一切の責任を負いません。

第3条(アプリケーションの利用)

  • 本サービスで提供されるアプリケーションを利用するためには、本サイト上でソフトウエア毎にライセンス(一つのIDが連続した7日間利用できる権利の単位のことをいいます。
  • 単一のライセンスを複数のIDで利用することはできません)の購入を申込み、ライセンスの利用料(以下「ライセンス料」といいます)を利用に先立ってお支払い下さい。
  • アプリケーションの利用期間を延長する場合は、再度ライセンスを申し込んで下さい。
  • 弊社の都合により本サービスの提供の一部または全部を終了する場合には、サービス終了の1ヶ月前までにユーザーに通知を行います。
  • サービス終了後はライセンスの利用日数を有するアプリケーションの残存する料金の払い戻しは致しません。
  • 但し、弊社の都合によるサービスの中止の場合で、かつユーザーが利用を開始していないライセンスは払い戻しを致します。
  • 本サービスを提供する設備等が障害を起こし、正常なサービスを提供できない場合、ユーザーの利用期間には障害発生から復旧までの日時(障害で利用できない状態が6時間以上24時間までを1日と計算)は含まれないものとします。

第4条(利用の保証範囲)

本サービスで提供されるアプリケーションの仕様、性能等に瑕疵があった場合、及び利用したアプリケーションの選択、 決定に際してユーザーに錯誤があった場合、ソフトウエアを利用した結果などについて弊社は一切責任を負わないものとします。

第5条(ライセンス料)

  • 本サービスのライセンス料は、本サイト上にアプリケーションの種類毎に掲載し定めるものとします。
  • 弊社は、本サービスのライセンス料の変更を、変更の1ヶ月前までに本サイトに掲示し、ユーザーに通知することにより、ユーザーの承諾なしに行えるものとします。
  • 但し、すでに支払われているライセンス料の変更はしないものとします。
  • 弊社は、理由の如何を問わず、支払いを受けたライセンス料の払戻しを行いません。
  • 弊社は、特に請求のない限り、支払いを受けたライセンス料の領収書の発行を省略します。

第6条(本覚書の変更)

弊社はユーザーの承諾を得ることなく、弊社が本サイトへ掲載する方法でユーザーに通知することにより、本覚書を変更できるものとします。

第7条(ユーザーの名称の公表)

弊社は、ユーザーが本サービスを利用している事実及びユーザーの名称を、ユーザーの事前の了解無しに公表することはいたしません。
ただし、弊社と機密保持契約を締結している協力企業、 提携会社及び業務委託会社に対して開示する場合があります。 その場合においても、弊社が提供するサービスと同様、その管理を行い、弊社との間において情報を遵守する契約条項を義務づけます。 弊社が従うべき法律に基づき情報の開示を要求された場合 (裁判所、検察庁、警察などの法的機関から、ユーザーからの提供情報およびID登録内容、 登録プロフィールについての開示を求められた場合)、弊社は、これに応じて情報を開示する場合があります。

第8条(第三者との紛争)

本サービスの利用に関し、ユーザーと第三者との間において紛争が生じた場合、ユーザーは自己の責任と費用にて解決するものとし、 弊社は一切責任を負わないものとします。

第9条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスの利用にあたって次の各号に該当する行為(以下、「禁止行為」といいます)を行ってはならないものとします。
弊社は、ユーザーが禁止行為を行ったことを発見した場合には、利用期間の終了を待たずにユーザーによる本サービスの利用を停止することができるものとします。 ユーザーが禁止行為を行った場合、その行為に関わる責任はユーザーが負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。
なお弊社は、ユーザーが行った禁止行為により損害を被ったときは、ユーザーに賠償を求めることができるものとします。
  • 申込みされた正当な利用権を持つユーザー以外によるソフトウエアの利用。
  • 弊社または第三者の著作権・特許権・商標権・意匠権などの知的財産権を侵害する行為。または侵害するおそれのある行為。
  • 人権を侵害する行為またはそのおそれのある行為。
  • 誹謗、中傷など、名誉・信用毀損行為またはそのおそれのある行為。
  • 犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
  • 本サービスの運営を妨げる行為、またはそのおそれのある行為。
  • コンピュータウィルス等有害なプログラムを本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して使用し、または提供する行為。
  • 本サービスの利用で知り得た、弊社および第三者の営業秘密を漏洩する行為。
  • 事実に反する情報を提供する行為。
  • 弊社または第三者のプライバシーまたはパブリシティ権、その他の権利を侵害する行為または侵害するおそれのある行為
  • その他、弊社が不適切と判断する行為。
  • その他公序良俗に反する行為ないし法令に違反する、または違反するおそれのある行為。

第10条(情報の消去)

  • 弊社は、ユーザーが第9条に定める禁止行為を行った場合、ユーザーに通知することなく、禁止行為により作成された情報を削除することができるものとします。
  • 弊社は本条の規定に従い情報を削除したこと、または削除しなかったことによりユーザーまたは第三者に発生した損害について一切の責任を負いません。

第11条(損害賠償)

本サービスの提供に関して、弊社の責に帰すべき事由によりユーザーが本サービスを全く利用できない(弊社が本サービスを全く提供しない場合または弊社による本サービスの提供方法の瑕疵によりユーザーが全く利用できない場合をいい、本覚書第2条(本サービスの利用環境および責任)の定めに基づき本サービスの提供を中止する場合を含みません。
以下「利用不能」といいます。)ためにユーザーに損害が発生した場合、該当アプリケーションのライセンス料を限度として、弊社はそれを賠償するものとします。
  • 弊社は、本条第1項に定める場合を除き、損害、逸失利益及び第三者からの損害賠償請求に基づくユーザーの損害等については、弊社は一切の責を負わないものとします。
  • ユーザーが本サービスの利用に関し、弊社または第三者に損害を及ぼした場合、ユーザーは、弊社または当該第三者に対し、かかる損害を賠償するものとします。
  • また、ユーザーまたは第三者から何らかの請求、または訴訟が提起された場合、当該ユーザーは、自らの費用と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、弊社は一切責任を負わないものとします。

第12条(天災等についての免責)

弊社は、天災、火災、テロ等の不可抗力、第1種電気通信事業者の提供する電気通信役務の不具合、 またはその他弊社の責に帰すことの出来ない事由により、本覚書上の義務を履行できない場合には、その責を免れるものとします。

第13条(覚書の有効期間)

本サービスの利用契約期間は、利用申込から2年間とします。 但し、期間満了の1ヶ月前までにユーザー及び弊社双方または一方から書面による変更または解約の申し出がないかぎり、 同一条件でさらに1年間延長されるものとし、以後も同様とします。

第14条(ユーザーによる利用契約の解約)

  • 前条の規定に拘わらず、ユーザーは弊社に対して、1ヶ月前までに書面で通知することにより利用契約を解約することができます。
  • この場合ユーザーは、解約時点でライセンスの利用残日数がある場合、利用期間満了まで利用することができます。 但し、利用を開始していないライセンスの料金の払い戻しは致しません。

第15条(その他特記事項/留意事項)

  • 本サービスのユーザーは、オンラインマニュアルを見ることができます。
  • 不具合対策や性能強化のために、クライアントパソコンの通信アプリケーションのバージョンアップやサーバアドレス等のパラメータの変更をお願いする場合があります。その場合にはご協力をお願い致します。
  • 本サービスは、インターネットを利用するため、性能の保証値は設定出来ません。同時ユーザー数、ネットワークの混み具合によって、性能値に幅が生じる場合がありますことをご承知おき願います。
  • ユーザーのクライアントパソコンに、本サービスを利用する以外の目的で搭載されたアプリケーションに起因する不具合によって、本サービスが利用できない場合には、弊社はその責を免れるものとします。
  • ユーザー側に発生した障害が原因でインターネットに接続することができないなどの理由で本サービスを利用できない場合には、弊社はその責を免れるものとします。
  • アプリケーションは常に最新のバージョンが利用できる環境を用意します。

第16条(残存条項)

本契約終了後といえども、第4条(利用の保証範囲)、第8条(第三者との紛争)第11条(損害賠償)、第16条(残存条項)、第18条(契約譲渡)、第19条(輸出管理)及び第20条(協議解決)については、有効であるものとします。

第17条(管轄裁判所)

本サービスの利用に関わる紛争については、東京地方裁判所を第一審管轄裁判所とします。

第18条(契約譲渡)

ユーザーは、本覚書上の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。また第三者に義務を承継できないものとします。

第19条(輸出管理)

ユーザーは、本サービスの利用を通じて情報を輸出(非居住者への提供、開示を含みます)する場合には、 外国為替及び貿易管理法、輸出貿易管理令、外国為替管理令及びこれら係る省令、並びに米国の輸出管理法規及び付帯する規則を遵守するものとします。

第20条(協議解決)

本覚書の解釈に疑義が生じた場合、または本覚書に定めのない事項については、ユーザーおよび弊社は誠意をもって協議し解決するものとします。
以上

プライバシーポリシー

お客様の個人情報をお客様が当社(構造システム)に提供される場合、
当社はお客様の個人情報を保護するための方針を定めています。

お客様のプライバシーを守ることは重要です。当社はお客様によりよいサービスを提供するためにのみ、お客様の個人情報が用いられるべきであると考えています。
このポリシーは、以下のサイトを含む、構造システムが運営するサイトに適用されます。

 お伺いする情報は、お客様のお名前、メールアドレス、電話番号、住所といった、当社のサービスを提供する際に必要となる、お客様の個人情報です。
 さらに良いサービスを提供するために、それ以外の質問をさせていただく場合がありますが、これは必要最低限の項目を除いて、ご提供いただくかどうか選択ができます。
 当社のサービスによっては、お客様から機密性の高い情報(例えばウェブマネーやクレジットカードの番号など)をいただく場合がございますが、その際には情報を暗号化するなどの方法によって情報の保護に努めます。
 尚、お客様の個人情報の中で、市町村などの名称および郵便番号など、商品やサービスの送付や費用の請求を行う上で支障のある情報に変更があった場合には、構造システムが登録情報を変更させていただく場合があります。
 構造システムがは上記の場合を除き、お客様の同意なしに提供いただいた情報を改変することはありません。

構造システムは以上の方針を改定することがあります。その場合すべての改定はこのホームページで通知いたします。

個人情報の収集について

構造システムにおける個人情報の収集は、構造システムが提供する各サービスの目的の範囲内において、その収集目的を明確に定め、その目的の達成において必要限度内に限って行います。
また、この個人情報の収集は、適法かつ公正な手段によって行うものとします。
ただし、人種及び民族、家系・家柄・出生地・本籍地等、信教・政治的見解及び労働組合への加盟に関わる個人情報については、これを収集いたしません。
上記以外に収集する場合は、その個人情報の収集、利用又は提供に関する必要な事項を何らかの方法で通知いたします。

個人情報の開示について

構造システムでは、お客様本人の同意なく、第三者に対し個人情報を開示することはいたしません。
ただし、当社と機密保持契約を締結している協力企業、提携会社及び業務委託会社に対して個人情報を開示する場合があります。
その場合も個人情報に関する諸規程を遵守し、その管理を行い、当社との間において個人情報を遵守する契約条項を義務づけます。
また、お客様本人より個人情報の開示を求められた場合は、合理的な期間内において可能な範囲内の情報を通知することができます。
ただし当社が従うべき法律に基づき裁判所、検察庁、警察などの法的機関から個人情報の開示を要求された場合、当社は情報を開示する場合があります。

ダイレクトメールの取り扱いについて

構造システムは、お客様に対しお客様の同意の下、ダイレクトメールを送る場合があります。
このダイレクトメールは当社が現在、あるいは将来において提供するさまざまな商品やサービスに関連する情報 ならびに広告主からの情報を電子メールでお知らせするものです。
さらにお客様が同意いただいた場合は、当社と機密保持契約を取り交わした協力企業のダイレクトメールを送信する場合があります。
当該ダイレクトメールを送信する場合は、提供元を明記いたします。
また、ダイレクトメールの配信に対して各利用者の会以外ではお客様の意志を変更できる仕組みを用意し、簡単に停止することができるようにします。

クッキー(Cookies)について

 クッキー(Cookies)は、お客様が構造システムの提供する各ホームページに訪問された際、より便利に当サイトを閲覧していただくためのものであり、お客様のプライバシーを侵害するものではなく、またお客様のコンピューターへ悪影響を及ぼすことはありません。
インターネット閲覧ソフト(ブラウザー)の設定により、クッキー(Cookies)の受け取りを拒否することは可能で、その場合も当サイトの閲覧に支障を来すことはありません。
一部サービスではクッキーを利用しておりますので、 クッキーの受け取りを拒否しますと、サービスをご利用になれない場合があります。

ブラウザーの設定方法は各ソフト製造元へお問い合せ下さい。

保証、及び責任制限

構造システムの各ホームページの利用は、お客様の責任において行われるものとします。
当ホームページ及び当ホームページにリンクが設定されている他のウェブサイトから取得された 各種情報の利用によって生じたあらゆる損害に関して、構造システムは一切の責任を負いません。
また構造システムは当サイト上で、お客様の環境において当サイトのコンテンツが適切であるかなどの記述や表示は一切行いません。
当サイトへのアクセスはお客様の自由意志によるものとし、当サイトの利用に関しての責任はお客様にあるものとします。

準拠法

構造システムの各ホームページは構造システムの管理下にあります。
当サイトは法律の異なる全世界の国々からアクセスすることが可能ですが、 当サイトにアクセスされたお客様および構造システムの両者は、かかる法律原理の違いに関わらず、 当サイトの利用に関して日本国の法律に拘束されることに同意するものとします。

TOP