利用登録
逆日影・逆斜線・逆天空率計算による建物の最大ボリューム検討から、確認申請に必要な日影・斜線・天空率計算まで行うことができます。3次元モデリングはマウスによる簡単操作で、計算のための入力項目はナビゲーションメニューが必要な手順を示します。印刷レイアウトはテンプレートを指定するだけで提出図書を作成でき、DRA-CADやAutoCAD、Jw_cadなどのCADファイルも読み書き可能です。企画から実施設計までの様々なシーンでご利用いただけます。